”さあ、やってまいりました。東京ジェイスタイルのお時間です!
 お相手は私、DJヤマキヨこと山本響丞(やまもと きょうすけ)がお送りします!
 ヒアウィーゴー! ”

 週末、例のラジオが始まった。華音が出るというラジオ番組だ。

「うひょー はじまるよ!はじまるね!ドキドキだね!」
 ボクは、いつもどおり我が家のようにやって来ていた奏とベッドの上に座って、いっしょにそれを聴いていた。
「ね、間に合ったんでしょ?間に合ったんだよね?曲。タクくんの曲が流れるんだね!」
「みんなで作ったんだろ」
「う、うん。そうね……でも……」
 奏の言いたいことは分かっていた。たぶん、華音は『自分がひとりで作りました』って言うっていうのだろう。
「それでもイイって決めたはずだろ?」
「う、うん……」
「まあ、メールはしておいたよ。直接渡せなかったから動画サイトにアップしておいた」

”さあ、本日のゲストは先月チラッと取材した読者モデルの蒼井華音ちゃんです。カノンちゃんこんにちわ”
”あ、こんにちわ”
”この間は取材協力ありがとう!今日もよろしくね!”
”あ、はい”

 さすがにラジオじゃあ、いつもどおりとはいかないらしい。華音さんもぎこちない。
 でも、どうやら、前に番組で取材した雑誌社にたまたま華音さんがいたということらしかった。その時話題になったのがVOCALOIDで、今度、番組でもとりあえげるって流れになった。そして、どこでどう間違えたのか華音さんはやってるってなって、じゃ、番組に出てよ!紹介するから!って言われて……たぶん、嘘だって言えなくて、断れなくなったんだろう。もしかしたら、いやたぶんきっとこの間の梨花みたいな、ライバルの足を引っ張るための嫌がらせだったのだろう。

”それじゃあ早速聴かせてもらおうかな?カノンちゃんの曲”
”こ、コレです……時間がなかったので……アレですが……”
”オーケーオーケー!読モの蒼井華音のボーカロイド曲、行ってみよう!タイトルは……『本当のリアル』”





 本当のリアル

 ねえ
 本当の声でボクに聴かせてよ
 愛を今君に とどけ!

 はじめての朝 はじめての道
 キミの声がして胸の奥がキュンってした
 いつからだったろう?
 すぐそばにいて歩き出したんだ
 明日より今日だけを見て

 昨日と変わらない同じような毎日
 つづいてくだけだなんて
 疑いもせずに

 本当に本当の気持ちだけとどけたい
 今、キミに伝えたいよ
 とどけ!今キミへ
 目の前じゃうまくは言えないけれど
 本当さ
 ただひとつだけ変わらないモノがココにはあるんだ
 キミがいてボクがいて
 季節はただ慌ただしくめぐるだけさ

 いくつめの春?いくつめの夏?
 何度目の雨?何度目かの虹見上げて
 なぜなんだろう?
 いつもそばにいて歩いてきたのに
 それぞれの空見上げて

 昨日からの距離を測るだけの毎日
 つづけてくだけだなんて
 出来やしないから

 本当に本当の自分なら譲れない
 今、キミに伝えたいよ
 とどけ!今キミへ
 少しずつでもほら明日は訪れる
 本当さ
 ただひとつだけ変わらないモノがココにはあるんだ
 キミがいてボクがいて
 季節はただ慌ただしくめぐるだけさ



「いいじゃん……いい曲じゃん」
 奏がベッドの上で膝を抱えたまま言った。

”いいね!いいよ!”
 ラジオのDJも叫んだ。
”これ、カノンちゃんが作ったの?
”はい”
”スゴイじゃない。ひとりで?”

 横に座っていた奏がボクの袖をひっぱった。

”…………”

 ラジオの向こうで、部屋の中で沈黙が時を刻む。

”いいえ、私ひとりじゃ出来なかったので、友達とつくりました”



「カナちゃーん!!!!」

 奏が抱きついてきた。

「なんで泣いてんだよ」
「だってー、だってー、なんか、カナちゃん帰ってきた気がしてさ。本当のカナちゃんがさ」
「ああ、そうだな。でも、なんだかんだ疲れたーーーーもう、しばらくパソコン触りたくないや~~」
 ボクはそのままベッドにひっくり返った。
「そね、じゃ踊る?仮面つけて!」
「い、いや、それも……」

”ふ~んユニットかあ~イイネ!じゃあ、今度はみんなで遊びに来てよ!新曲作ってさ。ど?”
 するとDJがなんか言い出した。
”モッチロン!いつでもオーケー!”

「って、おいおい。あんなこと言っちゃてるよカナちゃん。今回の件、反省してないのかな?」
「いーじゃんいーじゃん、やっと明るそうな声になったしさ!次は『にゃあトロン』で行こう!」
「い、いやあ、それだけは勘弁して~~~」

 こうして突然舞い込んだボカロ騒動は幕を閉じた……




 ……が、その時、部室のトーマくんの顔面液晶が光った。そこには文字が点滅し始めた。


『TO BE CONTINUED……』



   完





関連動画へのリンク

便宜上、同じものをニコニコ動画とYouTubeにアップしてあります。本文に挿入する動画はYouTubeですが、念のため下記にアドレスを明記しておきます。それぞれ下記のリンクから閲覧してください。

YouTube

ニコニコ動画



人気ブログランキングへ